yukakato

記事一覧(19)

【発達障害の特性を強みに変える5つの方法】多くの天才が社会に適応できない理由。

すべてに疑問があり、自分の感覚があまりにも人と違うことに気づく  私はこれまでの人生で、様々な失敗や挫折を経験してきました。
それだけではなく、幼少期から家族や学校の中で常に言葉では表しにくい「違和感」を感じていました。 自分と同じ考え方の人があまりにもいないこと、人から特殊だと思われていること、集団行動ができず常に場を乱す存在として扱われてきたこと、良かれと思ってやったことが人を怒らせ、伝えたいことが誰にも通じないという経験は日常茶飯事でした。 
当時は“発達障害”という言葉は一般には広まっておらず、そうした概念すらありませんでした。ですので、周囲の人にはない自分特有の感覚はどこからきているのだろうと心底不思議に思っていたのです。そのため小学生の頃から心理学や夢の本を読み漁り、自分の考え方や心理プロセスが、どのようにして形成されているのかに強い関心を持っていました。 私自身、実際に医療機関を受診し、そうした診断を受けているわけではないのですが、発達障害(特にADHD)のチェック項目のほとんどに該当しています。 具体的な例を一つあげると、一般的に当たり前とされていることすべてに「なぜ?」という感覚があり、それが理論的に納得できない場合はどうしても従うことができませんでした。厳密に言うと、従おうと努力しても、「なぜ学校に行くのか?」「なぜ先生の話を黙って聞くのか?」「何のために学ぶのか?」など、その必要性が理解できていないため、どうしても忘れてしまったり、ルールを破ってしまうのです。と同時に、常に「自分は間違っていない」という感覚が強くありました。

親にも先生にも純粋な疑問として常に「なぜ?」と問いかけていました。誰も疑問を持たないところに疑問を持つため、よく反発していると勘違いされ怒られていました。大人になって両親から「すでに3歳で反抗期だった!」という思い出話を聞かされましたが、きっと親を困らせる頑固な子供だったのだろうなと思います。 

天才たちがた気づいた「挫折」と「自己実現」の関係性

いくつになっても、どんな環境に置かれていたとしても、「夢」を持ち続けるには何が必要なのか。多くの天才たちはいつでも好奇心いっぱいで、
いかなる状況でも大きな夢を持ち続けていました。何百回と失敗を重ねながらも夢を持ち続け、年齢を重ねるとともに夢はさらに拡大し、人生をかけて取り組んでいました。
 ただ強い意志を保つために努力していたわけでも、失敗に動じない不屈の精神が備わっていたわけでもなく、ときに彼らも自信を失い、失敗を受け入れることができずに未熟さを恥じたり、挫折やスランプを繰り返し希望を思い描けないような経験をしています。しかし彼らが最終的に「夢」を諦めず、成し遂げることができるのは、挫折やスランプの一歩先にこそ、最も重大な発見があることを知っていたからです。 物事がスムーズに進んでいる時、私たちは追い風に吹かれ、すべてが順調で正しい方向へ向かっているように感じます。
 反対に、四方八方に壁が立ちはだかり、前に進めず身動きが取れない時、間違った方向へ進んでしまったのではないかと感じます。 常に自分が進んでいる道は
「正しい方向」なのか「間違った方向」なのかを考え、目の前の状況や結果を見て自分の考えや方向性を判断するようになります。 
人生で起こる様々な出来事や、仕事の成果、他者の反応に翻弄され、自分の考えや行動は「正しい」のだろうかとナーバスにもなります。 

働き方の根本改革。「好きを仕事にする」ための3つのステップ

 近年、「好きを仕事にする」ことを目指す人が多くなり、 一人ひとりが創造的に自分の人生に取り組む時代が訪れているように感じています。  テクノロジーの発達とともに非創造的な仕事は、 5年後、10年後にはなくなってしまうものも少なくないでしょう。 インターネットの普及にともなって、
個人の活動や才能を誰もが発信できるようになり、
いよいよ働き方について考え直したり、
転職や独立を考えている人も増えているのではないかと思います。  「好きを仕事にする」には、
自分の中の「好き」を明確にする必要があります。
 「自分のやりたいことがわからない」「好きなことってなんだろう」という、
「好き」を忘れてしまった現代人に必要な好奇心と情熱を取り戻すためには、
何が必要なのでしょうか。
 また、「好き」が仕事になるように、今必要なものは何かを考えていきましょう。 1:溜め込んできた「精神的な負債」を軽減する 「精神的な負債」というのはわかりやすくいうと、
無理をしてきたことで溜め込んだ負担のようなものです。
無理をしているつもりはなくても、異なった価値観を持つもの同士が
1つのルールや、誰かが定めた価値観の中で働くこと自体、
無自覚のストレスを生み出します。 
なかなかそれに気づかないのは、ストレスに気づいてしまうと、
会社や組織、人間関係が苦しくなってしまうためです。 人は一定のストレスを感じると、ストレスと自分を一体化させ
麻痺させるようになります。

麻痺した状態が、いつしか「当たり前」の状態になり、さらに無理を重ねてしまう。 そうして無自覚の精神的な負債を抱えていきます。 まずは溜め込んできた無理に気づき、負荷を軽減すること。

これまでの働き方に対する「弱音」が吐けるようになると、自分の心が求めているものに徐々に敏感になっていきます。  実はこの「精神的な負債」ですが、後々必ず返済する時期がやってきます。 無理をして頑張り結果を出せたとしても、結果を持続できなくなったり、体を壊したり、精神的な健康を保てなくなったりなど、強制的に無理を解消することになります。 2:視野を広げること。知識を広げ、世界を広げる。「好きを仕事にする」を実現するためには、「自分の視野を疑う」必要があります。
 人は、自分がこれまで得た知識や経験を通して世界を認識します。

例えば長年デザインの仕事をしている人がいたとします。独立を決意した場合、今以上にスキルを高めたり、独自のセンスを発揮するためさらに追求するのではないかと思います。 
何か資格を取得して開業しようと考える人なども、知識やスキルを高めて良いサービスを提供することで仕事になるのではと考えがちです。
 しかし、専門性を高めるだけでは残念ながら仕事にはなりません。 誰がそのサービスを求め、どんな分野にニーズがあるのかなどを知ったうえで提供できなければ、好きなことは追求できても仕事として続けることは難しいものです。 「好きなこと」に関わりうるあらゆる分野はもちろん、一見関わりの少ないものにも視野を広げることで、ビジネスが確立され、将来性にも影響していきます。 3:「好きを仕事にする」ための地頭を鍛える 
自分の好きなこと、情熱を傾けられることを実際に仕事にしていくには、ビジネスプランが必要です。

勤めていると会社や組織の中の一部の業務に特化した知識やスキルが強化されますが、コンテンツの開発やサービスの仕組みづくり、市場への理解や発信能力、収益維持など、経営者としてビジネスの循環の全行程への理解が必要になります。 そのためには、専門分野を深めるだけではなく、広い視点と応用力、関連性を見つけ出し、
サービスと市場を結びつける仕組みを構成する思考力が求められます。知識を得るだけではなく、知識を「使いこなせる」思考力を身につけるためには「受動脳」から「創造脳」へと
脳の使い方をアップデートしていく必要があります。 
ゼロベースで思考する「創造脳」は、ビジネスだけではなく人生のすべての側面でとても有効なものです。  学校教育や社会で培われる思考力はほとんどの場合、「受動脳」の構築を促します。 
どうすれば思い描いているものを具現化できるか、そのために何が必要なのか、どのような知識やスキルが応用できるか、それらを明確にすべく、アイデアに溢れる論理的な地頭を鍛えていきましょう。

クリエイティビティを具現化する「自己中心性」と「俯瞰」ふたつのバランス。

明日7/28(土)5:20に水瓶座で満月を迎えます。 
太陽は獅子座に位置するシーズンで、
すべての人に内在する「獅子座的性質」と、
対極に位置する「水瓶座的性質」がクローズアップされます。  ビジネスパーソンやクリエイターにこそ、 こういった天体の性質や原理を理解し
活用することをおすすめします。 なぜなら夢を持って新しいことにチャレンジし
確実に結果を出していくには、 「自分を知ること」と「才能」を引き出すこと、 かつ自分の「天才性」を引き出すことがとても重要だからです。  天体の性質は私たちひとりひとりの中にある
12の性質(才能)と対応しています。
 それらを確実に引き出し、ビジネスやクリエイティブな活動に
活かすことができれば、自己実現がどんどん加速していきます。  関連記事: クリエイターやビジネスパーソンのための占星学(一覧) 月の原理とバイオリズム この時期にクローズアップされるのは、  「獅子座的性質」=自己中心性

と、対極に位置する  「水瓶座的性質」=俯瞰

というふたつの側面です。 関連メルマガ記事:未登録でもバックナンバーをご覧いただけます。自己実現のための正しい「自己中」を理解する。 満月の時期はひとつのテーマの中にある
対極のふたつの側面に意識を向けることになります。  自己中心性と俯瞰。  共通テーマは「クリエイティビティを具現化する」です。 獅子座がアーティストや表現者、物語の主人公であれば、 水瓶座はプロデューサーや物語を生み出す脚本家。  自分の中にある、
舞台の中心に立ち表現する自己中心性と、客観的に自分をプロデュースする俯瞰視点。  このふたつの性質を同時に活用できるようになったとき、 自らのクリエイティビティを
より効果的に発揮できるようになります。 自己中心性や主体性は、情熱やパワー、
ダイナミックに表現する圧倒的な勢いを放ちますが、 その表現が時代に合っているか、
あるいはどのようなスタイルであればより効果的か
を明確に理解するには、俯瞰が必要です。  今回の満月の前後3日間ほどは、
それらふたつの側面のバランスの崩れを
修正するような出来事が起こりやすくなります。 自分の中心から外側を見る視点と、 自分を外側から見る視点。
 その両方を使いこなしてこそ、
よりバランス良く自己実現が進んでいきます。 自分を外から見る視点といっても、
他者からの視点を意識するという意味での客観視ではなく、
「自分で自分を外側から見る」俯瞰が必要です。  人の視線を気にしている状態は、
客観的なようで実は自分の中心から外の世界を見て、
外の世界のリアクションに反応しているに過ぎません。  獅子座のシーズンには必ずダイナミックな
自己表現やアウトプット、
社会に大きく影響を与えていくこと、
大勢の前に立つことや、メディアに進出することなど、
外側に大きく広がっていく力が働きます。  そんな時にこそ自分を俯瞰する視点がなければ、
人の評価や反響に左右され、
自分が最も伝えたいことを伝えていくことができません。 
私たちの中にある獅子座の性質は
溢れんばかりの情熱を持っていますが、
情熱のまま突っ走りがちで
センスやクオリティがおろそかになったり、
周りの状況が見えなくなったりします。 
そんな自分の獅子座の熱量を、
最も有効に、最もベストな立ち位置で、
最もこの時代に合ったやり方で
アウトプットできるよう、
冷静なプロデューサーとして方向付けるために
自分の水瓶座の資質をあわせ持ってください。 情熱と冷静のバランス。 
あなたの中の暑く燃えたぎる獅子座と、
クールで的確な視点を持つ水瓶座の
バランスを見直してみてください。  かとうゆか  

蟹座の新月/実現する人の圧倒的存在感の正体。

明日7/13(金)11:49に蟹座で新月を迎えます。
 一人ひとりが創造性の発揮を求められるこの時代に、 人生を再構築するためのあらゆる原理と影響を、
天体を通して実感することができます。  古来より占星学では、太陽を社会性の象徴、
月を精神性の象徴として研究されてきました。 社会性を表す太陽は、動的な活動や方向性、
精神性を表す月は、静的な内面や心理と対応していますが、
そんな静と動、陰と陽、内と外にも多層性があります。 
単純に相反する2つの性質として分けるのではなく、 静の中に動があり、動の中に静があり、 動を起こす静があったり、静をもたらす動があったりします。 日常生活や仕事においても、
単純にONとOFFがあるのではなく、
効率化を図るために休むことは重要ですし、
休む時間を十分に取るために積極的に働きかたを見なおすこともあります。 経営母体が安定していることで、
そこから次々に新しい事業を展開しさらに拡大できたりするように、
大きな静的な力(安定感)があってこそ、動的な活動展開が可能になります。  蟹座の持つ性質とは、動きを起こしたり新たな活動を始めたり、変化を起こすための基盤となる、精神力、安定感、余裕、Be力(存在力)、無言の力、静的な活動力です。蟹座の支配星は月=精神、内面、感情、静、陰、女性性、身体、母性、Be力
 蟹座のクオリティは活動宮=動き、変化、スタート、新しいこと 
月の象徴の考察=客観性、基盤、潜在性、まだ叶えられていない可能性のすべて、物事が実現する背景にあるものすべて 天才の教科書対応:
各世界の感性のレイヤー。ツナギバ(感性)の世界。物事が現象化するウミバに対してのその他の12のレイヤー。  新月や満月の作用は、その時期に対応する星座の性質を一人ひとりの内側に発揮させるよう働きかけます。
 クリエイションの7つの原理(天才の教科書第7章参照)の中でも解説している「対応の原理」を活かすことで、月のバイオリズムをクリエイションやビジネスシーンなど、人生のあらゆる側面で活かすことができます。 関連記事:月の原理とバイオリズム

自己実現のための4つのステージを理解する

自己実現にはいくつかの段階があり、 それぞれのステージに合わせた取り組みによって、 理想の生き方や夢を確実に実現できるようになります。 1:マイナスからゼロに戻すステージ(過去からの脱却)2:スタートを切るための準備を行うステージ(創造の準備)
 3:自分を確立するためのステージ(創造の1周目)4:社会や世界へ大きく影響していくステージ(創造の2周目)  1から順に詳しく解説していきます。  1:マイナスからゼロに戻すステージ 〜創造性の目覚めと基本的なセルフコントロールを身につける〜 
受動的に生きていたことに気づき、これまでの生き方から方向転換を行うとき。 セルフコントロールの重要性を知り、環境や状況に振り回されない自分を培うステージ。 思考、感情、行動を自分でコントロールし、自分で環境を選び、自分で状況をつくることを学ぶ。言い訳がなくなり、すべてが自己責任であることを理解して生きる。
 「自分を知る」のファーストステージ。自分を知らなかったことを知る。 
「天才の教科書」対応パート: 創造脳を構築し、ウミバの世界だけで生きていたことに気づき脱出するプロセス。  2:スタートを切るための準備を行うステージ 〜創造基盤とセルフコントロールの上達〜 
生きる目的を明確にし今自分が何をすべきか、どの方向へ向かうべきかを理解していくとき。未来のヴィジョンに合わせた暮らし方、働き方、人間関係などを大きく変化させるステージ。目的や目標を実現するための基礎知識、技術、行動力、高度なセルフコントロールを身につける。 経済基盤を安定させ、収入を自らコントロールできる状態を構築する。ある程度の時間とお金の余裕を実現する。
才能を出し切り、自分の限界を知る。弱みを認めることで精神的成長を遂げる。
パートナーシップや家族関係がよくなり、日常生活の重要性に立ち返る。 
「限界を知る」ことで自分を客観視し、世界の大きさを目の当たりにしてさらなる可能性に気づく。 「自分を知る」のセカンドステージ。  「天才の教科書」対応パート: 創造性を発揮するために人生の意味を捉えなおす。
ツナギバ(感性)への理解を深め、ウミバの四大元素を自在に使いこなすプロセス。ツクリバの自分を思い出すためのプロセスがはじまる。  3:自己を確立するためのステージ 〜創造の本番と精神と技の熟達〜
 これまで培った考え方や生き方を、高度な技術や深く幅広い知識を通して結晶化(具現化)し、社会の中で自己を確立させていくとき。
才能だけに頼らず弱みを底上げし、社会で通用するレベルに引き上げるステージ。
謙虚に自分を磨きあげることで安定した精神を培い、人としての未熟さを成長させ社会に貢献していく。 「人や社会に生かされている」ことを知り、その中で自分が誰を(何を)生かすことができるのかを知る。

「自分を知る」のサードステージ。 「天才の教科書」対応パート: ツナギバ(感性)での気づきとツナギバ(原理)の理解を深め実行する。
ウミバの具現化力と技術力をハイレベルに引き上げる。ツクリバの自分をリアリティの中で実感し始める。  4:社会や世界へ大きく影響していくステージ 〜創造の発展と大規模な社会貢献〜
 自分の思いや考えと社会のニーズが完全に一致してくるとき。自己を確立した者同士がつながり社会や文化、時代規模の大きな創造を行っていくステージ。
人々の意識を変化させるような生き方やものを生み出す。
自分を最大限に輝かせることと、人を生かすことが完全に合致している。 すべての人が創造性を持って生きることができる世界をつくるために、これまで培ったすべてを発揮する。あらゆるアイデアが大きな規模で実現していく。 「社会での役割(貢献できること)」を知り、その役割を全うすることで、もっとも本質的な自分を知る。

「自分を知る」の最終段階。 「天才の教科書」対応パート: ツクリバの自分を完全に思い出し、ウミバで体現する。(ツクリバとウミバのギャップがなくなる)16のレイヤーすべてを使いこなす生き方。 

理想を実現する「創造性」と天才たちの生きかた

人から理解されるための生きかたをするのか。 あるいは、自分がもっとも求めている生きかたをするのか。 
この問いは、すべての人が人生をかけて取り組む究極のテーマ。人から理解されるためのものをつくるのか。 あるいは、自分がもっとも求めているものをつくるのか。
 この問いはクリエイターにとって、常に投げかけられる究極のテーマ。  私たちに必要なのは、そのどちらかを選びぬく力でも、 妥協を受け入れ折り合いをつけることでもない。 自分の求める世界を追求し、 その結果、人に影響を与える存在になること。  かくいう私もこのテーマに取り組み続けている一人である。  だからこそ理解できる。  言葉で言い表すよりも実現するのは、何百倍も難しい。 それでもそこに取り組む以外、
理想が実現することはないだろう。 どんな世界に飛び込んでも、
そこにあなたが求めている世界をみることはない。 あなたがもっとも求めている生き方は、 自分の中にある理想の世界を語り、表現し、 創造する以外には実現しえないのだから。 一方、再三自分と向き合い表現してみても理想が実現できないのであれば、あることに気づかなければならない。その時あなたが表現している場所は、 他者がつくった舞台の上か、あるいは舞台の幕が下がったままなのだ。他者がつくった舞台の上にいては、あなたはいつまで経っても脇役であり、自分の求めた生き方を実現できない。その中で意見を主張し主役を演じようとした日には、村八分にあうだろう。はたまた幕の下がった舞台の中で輝こうとも、誰の目にも届くことはない。 人生が常に空想というリハーサルを繰り返し、いつになっても本番はやってこない。 自分がつくった舞台の上で、 自ら幕を上げて表現することでしか、 あなたの望む人生は実現しえないのだ。
 それは、
一度他者がつくった舞台を降り(人からの評価を捨て)、 自分で舞台をつくり(自分を知り求める生き方を実行し)、 舞台の幕を上げ本番を迎える(クオリティを上げプロフェッショナルになる)
ということ。