人生を面白がる力。世界を面白くする力。

新ブログに移行してから約2ヶ月が経ちました。 

以前からご覧いただいている方には、ブログ記事の内容が変化したことに気づかれていると思います。 私自身が仕事や活動において天体の影響を意識的に活用していることから、以前は、星や月が人間の精神や人生のバイオリズムなどとどのように関わっているかなどを、その都度解読し掲載していました。

天体の運行はとても重要であり、人生で起きている出来事と照らし合わせてみると有益な発見が多くあります。 だからこそそれらを伝えていくことに意味を感じていたのですが、それこそ星の影響と重なって、時代や社会でクローズアップすべきテーマが変革するなか、伝えたいことのテーマや視点に、私自身も変化を感じています。 


テクノロジーの発達、経済的価値観の変化、古くて役立たない社会のシステムがみるみる崩壊しはじめています。パワープレイが通用せず、風通しのよさや共感を大切にする新しい時代のムードが立ち込めています。 


成果や結果だけを重視する時代から、一人ひとりの本質に立ち返るような時代。  

AIの発達によって、これからますます「創造性」を発揮できる人が生きやすい世界になっていくのだと思います。目まぐるしい時代の変化とともに、常に自分をアップデートしていくことが重要です。

普遍的で変わることのない本質を大切にし、秒速で変わっていく時代の波に乗れるように、多くの情報や体験をしながら成長していくことが大事なのだと思います。 


そんな時代のなかで改めて大事にしたいことを、当ブログのコンセプトとして掲げました。  


「人生を面白がる力、世界を面白くする力」  

このコンセプトは、ブログだけに限らず、私自身の根底にある感覚で、最も大切にしていることであり共有したいと思っているもの。

大切にするもなにも、私自身が「常に人生を面白がっていて、世界を面白くしたい人」そのものです。 私の中では呼吸をするくらい当たり前すぎて、私の思考や言動は、この感覚の上に成り立っています。


先日、ある方とのコミュニケーションであまりにも大きな食い違いがあり、客観的に自分を見つめ直す良いきっかけをいただきました。  

私自身は過去の体験や今起きている事を「とても楽しい事」としてお話ししていたのですが、相手の方には「とても大変でシリアスな話」として伝わっていました。


私にとって苦労、悩み、失敗、挫折、スランプ、トラブルなども「面白がる」対象でしかなく、もちろんその時々のショックや傷はありますが、人生を面白くするための謎解きのように捉えています。

傷つく出来事があれば、「なぜそれほど感情が揺らぐのだろう!」と分析が始まり、次々に自分の心の中の謎解きを行っていきます。 

その時の私は、なぞなぞに熱中する小学生のように時間を忘れ、自分の心の中をいろんな角度から眺めては、まだ見えていない世界がそこにあるのではないかと「遊び心」と「好奇心」でいっぱいになり没頭しています。 



そうなってくると「傷つく出来事」よりも、「謎解きゲーム」が私の興味の中心にあります。

知的好奇心がフルパワーになり、傷ついた出来事は「謎解きのお題」のような役割になっているので、おそらくダメージが人より軽いのだと思います。 

挫折やスランプも同じで、停滞している原因を見つけだす、一種のゲームのような感覚があります。


よく友人からは「逆境に強いね。」と言われるのですが、キツイことに浸っているよりも、創造的解決にオートマチックに意識が向くようになっています。 

「意志が強い」とか「やり通す力がある」と思われがちですが、「失敗で気づいた事を活かして、どんな未来をつくろうか!」ということにテンションが上がってしまっているので、意志ではなく遊びのようなノリで行動をしています。


 今の状況がきついのであれば、理想の社会がないのであれば、自分で面白い世界をつくればいいという発想しかないため、そのための努力は楽ではなくても、とても有意義で楽しくて面白いと考えます。

 周囲には、大変なこと、苦労したこと、血の滲む努力をしてきたことのように伝わっていると気づき、これまでのミスコミュニケーションの原因が理解できました。



 私の中の大前提にある「人生を面白がる力、世界を面白くする力」ですが、どんな人にも重要なものだと思っています。 


・情熱とモチベーションが尽きない 

・困難なときでも深刻にならない 

・基本的にどんなときも面白い 

・熱中して物事に取り組める 

・生きていることが楽しくて仕方がない 

・遊び心と楽観をベースに生きることができる 

・チャレンジ精神や行動力が上がる 

・すべてのプロセスを楽しめる 


これらの感覚が常に尽きることなく溢れ出てきます。 


 一言で言うと「ALIVE」な感覚。 




基本的にそんな性質をもっていますが、借金で人生のどん底を経験した時はそんな感覚ではなく、生きているのが辛いと感じるまでふさぎ込んでいました。  

ある一冊の本との出会いがきっかけで、「思考は現実化する」と理解できて以来、私は子供の頃にあった「人生を面白がる力」を思い出していきました。 

それと同時に、環境や状況に関係なく、自分から人生をつくることができるという感覚は、「世界を面白くする力」を育てていきました。 


嫌ならやめて、自分でつくればいい! 居場所も、仕事も、社会の風潮ですら、自分から発信して自分でかたちにしていくことですべては解決します。 


その主体性や能動性が、人の情熱を取り戻してくれます。


 情熱を取り戻す前の状態の人が見ると大変そうに見えるのかもしれませんが、大きなパズルを組み立てることに熱中していくようなもので、 本人はただ「楽しんでいる」のです。

 人生に振り回される人と、面白がる人の違いはたった一つ。 

 「視点」の違いのみです。


 台風の目になるのか、台風の外周にいるのか。

 世界は自分からはじめるものと捉えるか、 世界はすでにありその中で生きていると捉えるか。 

人生は創造物だと捉えるのか、 受動的にリアクションをするだけなのか。 

 出来事に振り回されるのではなく、 俯瞰する「視点」と「創造性」こそ、 「人生を面白がる力」であり 「世界を面白くする力」です。  

このクリエイティブな視点をもって生きる人が増えると、 世界はどんどん面白くなっていくはず! 

そう感じています。


 かとうゆか 




INFOMATION 

◆8/30にオフィシャルルメールマガジン(無料)で

「1週間で人生を面白くする情熱を取り戻す5つの方法」

という記事をアップします。興味のある方はご登録ください!

未登録でもバックナンバーでご覧いただけます。


◆かとうゆかツイッターアカウント再始動! しばらくおやすみしていたツイッターを新アカウントで再開しました! follow me! 

「天才性資質論」3ヶ月オンラインプログラムが第1期募集開始いたしました。

月額3000円〜とリーズナブルに学べるプログラムですが内容はとても実践的です!

かとうゆかオフィシャルブログ

作家、起業家、クリエイターのかとうゆかのオフィシャルブログです。 新しい時代を創造する「未来的価値観」と「人生を面白がる力。世界を面白くする力。」をテーマに記事を更新中。