水瓶座の満月/クリエイティビティを具現化する「自己中心性」と「俯瞰」のバランス。

明日7/28(土)5:20に水瓶座で満月を迎えます。 

太陽は獅子座に位置するシーズンで、 すべての人に内在する「獅子座的性質」と、 対極に位置する「水瓶座的性質」がクローズアップされます。 


 ビジネスパーソンやクリエイターにこそ、 こういった天体の性質や原理を理解し 活用することをおすすめします。 


なぜなら夢を持って新しいことにチャレンジし 確実に結果を出していくには、 「自分を知ること」と「才能」を引き出すこと、 かつ自分の「天才性」を引き出すことがとても重要だからです。 


 天体の性質は私たちひとりひとりの中にある 12の性質(才能)と対応しています。  

それらを確実に引き出し、ビジネスやクリエイティブな活動に 活かすことができれば、自己実現がどんどん加速していきます。 


 関連記事: 

クリエイターやビジネスパーソンのための占星学(一覧) 

月の原理とバイオリズム 


この時期にクローズアップされるのは、 

 「獅子座的性質」=自己中心性 と、

対極に位置する 

 「水瓶座的性質」=俯瞰 というふたつの側面です。 



関連メルマガ記事:未登録でもバックナンバーをご覧いただけます。

自己実現のための正しい「自己中」を理解する。



 満月の時期はひとつのテーマの中にある 対極のふたつの側面に意識を向けることになります。 

 自己中心性と俯瞰。 

 共通テーマは「クリエイティビティを具現化する」です。

 


獅子座がアーティストや表現者、物語の主人公であれば、 

水瓶座はプロデューサーや物語を生み出す脚本家。 




 自分の中にある、 舞台の中心に立ち表現する自己中心性と、客観的に自分をプロデュースする俯瞰視点。 

 このふたつの性質を同時に活用できるようになったとき、 自らのクリエイティビティを より効果的に発揮できるようになります。 


自己中心性や主体性は、情熱やパワー、 ダイナミックに表現する圧倒的な勢いを放ちますが、 その表現が時代に合っているか、 あるいはどのようなスタイルであればより効果的か を明確に理解するには、俯瞰が必要です。 


 今回の満月の前後3日間ほどは、 それらふたつの側面のバランスの崩れを 修正するような出来事が起こりやすくなります。 


自分の中心から外側を見る視点と、 

自分を外側から見る視点。  


その両方を使いこなしてこそ、 よりバランス良く自己実現が進んでいきます。 


自分を外から見る視点といっても、 他者からの視点を意識するという意味での客観視ではなく、 「自分で自分を外側から見る」俯瞰が必要です。 

 人の視線を気にしている状態は、 客観的なようで実は自分の中心から外の世界を見て、 外の世界のリアクションに反応しているに過ぎません。 


 獅子座のシーズンには必ずダイナミックな 自己表現やアウトプット、 社会に大きく影響を与えていくこと、 大勢の前に立つことや、メディアに進出することなど、 外側に大きく広がっていく力が働きます。 


 そんな時にこそ自分を俯瞰する視点がなければ、 人の評価や反響に左右され、 自分が最も伝えたいことを伝えていくことができません。 


私たちの中にある獅子座の性質は 溢れんばかりの情熱を持っていますが、 情熱のまま突っ走りがちで センスやクオリティがおろそかになったり、 周りの状況が見えなくなったりします。 


そんな自分の獅子座の熱量を、 最も有効に、最もベストな立ち位置で、 最もこの時代に合ったやり方で アウトプットできるよう、 冷静なプロデューサーとして方向付けるために 自分の水瓶座の資質をあわせ持ってください。


 情熱と冷静のバランス。 


あなたの中の暑く燃えたぎる獅子座と、 クールで的確な視点を持つ水瓶座の バランスを見直してみてください。 


 かとうゆか  





オフィシャルメールマガジンでは、自己実現のための原理、脳や心理のマネジメント、占星学を活かして、人生をよりクリエイティブで充実したものにするための方法をさらに詳しく解説しています。

かとうゆかオフィシャルブログ

作家、起業家、クリエイターのかとうゆかのオフィシャルブログです。 新しい時代を創造する「未来的価値観」と「人生を面白がる力。世界を面白くする力。」をテーマに記事を更新中。