何をするかよりも「どうありたいのか」を生きる一年。


明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 

2019年がスタートしました。 


新しい年が始まるタイミングには、やりたいことや目標、ヴィジョンなどを自然と思い描くものです。 今年は、十年二十年後に振り返ったとき、大きな流れが始まった特別な一年だったと思えるようなチャレンジの年になりそうです。 

私自身がやりたいことのひとつに、「くにをつくる」というものがあります。

それは既存の国家というイメージとは全くちがう、価値観を共有できる仲間探しであり、ファミリー拡大であり、循環を起こすという意味でのくにづくりです。


 私の夢は、

 “「自分である」ことが、最大の価値となる世界をつくる。” 

 というものです。 


人生をかけて本気で取り組んでいきます。 今年はその夢の実現に向けて具体的に仕掛けていく1年目になります。 


 “「在りかた」ファースト” のくにづくり。 


なにをするにもどんなときも「在りかた」が最優先されるべきだと考えています。 

「なにをするかではなく、どうありたいのか。」 

そんな考えを優先できる人が増えれば、世界はほんとうに豊かで面白いものになる。 


まずは自ら“「在りかた」ファースト” をこれまで以上に徹底し、「自分らしさ」を優先して生きようとする人を応援していきたいと思っています。 


 「自分である」ためにはまず2つの基本的な条件が必要です。

 1つめは「自分を深く理解している」ということ。 そして2つめは、「自由な選択ができる環境」があるということです。




自分を深く理解している

 多くの人は「自分そのもの」を深く理解できていません。 「これが自分の夢!これが自分らしさ!」そう思っているものが、本来の自分から大きくズレていることがあります。 夢を実現できても、思い描く自分らしさを追求しても幸せを感じられない人、何かがうまくいかない人、そういった人は「自分への理解」が足りていません。  

「自分への理解」を深めるために自己分析をする人はいますが、自己分析で見つかる「自分」は全体の半分。 残り半分は自己表現や創造を通して、アウトプットするプロセスで見つかります。 

自分からなにかをつくる、自分からなにかを生みだすというプロセスでやっと、自分の全体像が見えてきます。 


クリエイションには必ず、自分の感覚や感性を言語化する力が必要になります。

自分が見ている世界、自分が感じていることは、自分以外の誰も感じることができないもの。 「自分らしくある」ためには、自分のなかにある曖昧な感覚をちゃんと言葉にすること。 

何となく…感覚的に…楽しいと感じるから…  

そんな曖昧な感覚を、逃げずに明確な言葉に変換していくことが重要です。 



もし、言葉にすることができないのであれば、「わかっているつもり」になっているだけで実は、自分自身もよくわかってなかったりします。わかったつもりになっているだけで腑に落ちていないことは、形にすることができません。


 夢を実現したければ、なぜそれを実現したいのか、なぜそれを求めているのか、どんな方法で実現することが重要で、なにを一番大切に取り組んでいるのか、それらを自分の言葉で語ることができなければ、協力者や支援者が集まることはありません。

 誰かの言葉に「自分が伝えたいことはそういうことだ!」と深く頷き賛同しても、それは単なるリアクションでしかなく「自分の言葉」ではありません。 


人の言葉を借りているだけでは、人を動かすことも夢を叶えることもできません。 「自分の言葉」をもつということは、「自分である」ために必要不可欠です。 


あなたの代わりに、あなたを代弁してくれる人はいません。しかし、あなたが自分の感覚をとことん分析して言語化し、「自分の言葉」を持ったときには、多くの賛同者やフォロワーとつながることができます。 




自由な選択ができる環境

 「自分である」ためには環境の自由度が必要です。 環境そのものの自由度が低ければ、人は無意識のうちに環境に最適化し、その中で「できる範囲の自由」を選ぶようになります。

 “「在りかた」ファースト”で生きるには、働きかたや人間関係などの自由度が高いこと、経済状況や時間に余裕が必要になります。  

仕事やお金もそうですが、自分らしく生きることを肯定しあえる人間関係があることは、とても心強いことです。 


 そんなふうに「自分である」を最優先に生きるには、 


・自分の言葉をもつこと 

・働きかたの自由度をあげること 

・価値観を共有できる仲間がいること 

 

がとても重要です。 


この3つを実現するためにライティング塾がスタートします。 

自分の言葉をつかって、同じ志をもつ仲間とつながり、自分らしく働くことを目的にしています。


 “「自分の言葉」をもって夢を実現する。” 

 “「自分の言葉」で仲間とつながる。” 

 “「自分である」ことを仕事にする。” 



 そんな人がひとりでも増えることで、私の夢の実現も近づきます。 「自分である」という生きかたをどんな人も大切にしてほしいし、「自分である」ということが、なによりも高い価値であるという世界を実現したい。

 2019年は、“「在りかた」ファースト” を実行する人を本気で応援し、具体的に斡旋していきます。 




ライティング塾にはじまり、「在りかた」からクリエイションをおこなっていくためのコミュニティ、「在りかた」ファーストのライフスタイルが社会のひとつの価値観になるよう、メディアの構築と出版、イベントなどの開催を予定しています。 


「自分である」を本気で生きようとする人が、影響力を持って社会に発信していくための応援をしたい! 直接会って、一人ひとりと本質的なつながりをつくっていきたい。そう考えています。 どんな人も「自分である」ことを最高だと思える世界にしたい。


くにづくり1年目。

自分らしく生きることをなによりも大事にしたいとチャレンジする、多くのみなさまと出あえるのを楽しみにしています。 


 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 



 かとうゆか  



2月開催決定!

【かとうゆか×岡崎直子のライティング塾】
 本質を本質を言語化するブログとメディアのライティング講座 

2/11(月祝)14:00~17:00 渋谷徒歩5分(オンライン受講あり)  

 「書くこと。それは人生をもっと面白くすること。」 

ブログやメディア、SNSなどを通じて本質的なメッセージを言語化し、可能性を広げたいひとのためのライティング塾。書くことを仕事にしたい、書くことで発信力を高めたい、書くことでビジネスやクリエイティブな活動を加速させたい、そんな方のための塾です。 書くことを本業とした2人の講師が、ライティング、発信のリアルを伝えます。 ブログ月間100万PVおよび書籍1万部を記録したブロガー兼作家かとうゆかと、元大手出版社で雑誌編集を7年経験しフリーライターとして携わった書籍累計46万部を記録した岡崎直子が、現代に求められる「本質を言語化する」ためのライティング塾を開催します。   

かとうゆかオフィシャルブログ

作家、起業家、クリエイターのかとうゆかのオフィシャルブログです。 新しい時代を創造する「未来的価値観」と「人生を面白がる力。世界を面白くする力。」をテーマに記事を更新中。